コラム

身近なものほど慎重に!選ぶときのポイント4つとおすすめ歯ブラシ
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
歯ブラシ

歯ブラシを選ぶ時は、つい気に入ったデザインや価格で選んでしまいがちです。

しかし、虫歯や歯周病を予防するには、毎日のブラッシングが大切です。虫歯ができやすい人や、現在歯周病に悩んでいる方は、使う歯ブラシを変えてみると、症状が改善されるかもしれません。ここでは、歯ブラシの正しい選び方をご紹介します。

1.歯ブラシを選ぶときの4つのポイント

1-1 ヘッドの大きさ

ヘッドが大きいと、手前の歯を磨く分には問題なくても、奥歯は届きにくく、よく磨けない場合があります。ヘッドが小さければ、奥にも届き、磨き残しを減らすことができるでしょう。

1-2 毛の硬さ

【やわらかいタイプ】
メリット:歯茎や歯に優しい、力がいらない
デメリット:ちゃんと磨けない

【ふつうタイプ】
メリット:普通の大人の方が使うのに適している、歯や歯茎を傷つけるリスクが少ない
デメリット:特になし

【かためタイプ】
メリット:よく磨ける、手の力が弱くても安心
デメリット:歯茎を傷つけやすい、歯茎が下がる、歯が沁みる

歯ブラシの毛が硬い方が、ちゃんと磨いている感じがしますが、実は歯茎を傷つけていたり、歯茎が下がり、染みる事もあります。お年寄りや手の力が弱い人は、硬い歯ブラシがおすすめですが、普通の大人の方でしたが、毛の硬さはノーマルでも十分でしょう。

柔らかいタイプの歯ブラシは、歯周病の方などにおすすめです。今現在、歯周病でお悩みの方がいましたら、ぜひ柔らかいタイプの歯ブラシに切り替えてみてください。

1-3 毛先

毛の切り口が山形になっているものもありますが、山形の方がかえって磨きにくかったり、歯の隙間になかなかフィットせず、磨き残しが増える事も考えられます。

1-4 毛のコシ

歯ブラシの毛には、ある程度コシも必要です。歯ブラシによっては、動物の毛を使っているものもあります。動物の毛は、柔らかすぎて、歯垢が落としづらいです。ドラッグストアなど、市販されているものは、ナイロンのものが多いですが、極細ブラシでは、細すぎるので歯垢は落とせません。

2.歯医者・歯科衛生士がおすすめする歯ブラシ3つ

自分に最適な歯ブラシは、なかなか見つけにくいです。色やデザイン、値段だけで決めてしまう場合も多いですが、毎日使う歯ブラシだからこそ、本当に歯にとって効果的で安全なものを選びましょう。歯医者さんがおすすめする歯ブラシを3つご紹介するので、参考にしてみてください。

2-1 タフト24MS

→歯茎が下がるのが気になる人、使いやすい歯ブラシを探している人におすすめ

歯医者さんでも使っている定番の歯ブラシと言えばコレです。ヘッドも大きすぎず、毛も良質で、開きにくいです。ふつうのナイロン歯ブラシより、4.2倍も長持ちします。また、毛先が特殊加工されていて、歯や歯茎をブラッシングによって傷つける事がないようになっています。

タフト24MS
出典:https://www.amazon.co.jp/

タフト 24 歯ブラシ
毛束数:3×8=24
価格:148円(amazon引用)

2-2 ルシェロB-10 M

→予防歯科にこだわっている人におすすめ

特に炎症のない歯でも、歯肉炎になっている方も多いものです。この歯ブラシは、そんな方たちにおすすめの歯ブラシです。ラウンド型の毛質で、歯や歯茎を傷つけずに、汚れもスッキリ除去してくれるでしょう。

ルシェロB-10 M
出典:https://www.amazon.co.jp/

ルシェロB-10 M
毛束数:3×8=24
価格:375円(amazon引用)

2-3 TePe(テペ)

→オーラルケア、歯周病予防をしたい人におすすめ

虫歯予防先進国としても有名な、スウェーデンで用いられている歯ブラシです。特殊な加工がされており、歯茎にも優しいラウンドタイプです。人間工学に基づいてデザインされているので、持ちやすく、毎日快適に歯磨きできるでしょう。

クロスフィールド テペ スペシャルケア
出典:https://www.amazon.co.jp/

クロスフィールド テペ スペシャルケア
価格:410円(amazon引用)

3.歯周病など歯茎の症状が気になる人は

ここでは、それぞれの症状合わせてどのような歯ブラシが適しているのか、ご紹介しましょう。

3-1.リーチ ホワイトニング とってもコンパクト やわらかめ

→口臭や歯の黄ばみ気になる人におすすめ

この歯ブラシの魅力は、特殊なラバー素材で作られたホワイトニングパッドで、汚れた歯を、白く綺麗に見せてくれます。

普段、歯の着色が気になる人や、汚れが目立つ、コーヒーなどをよく飲むから歯が黄ばんでいるという方にとっては、ホワイトニング効果もあり、とてもおすすめです。

リーチ ホワイトニング とってもコンパクト やわらかめ
出典:https://www.amazon.co.jp/

リーチ ホワイトニング とってもコンパクト やわらかめ
価格:244円(amazon引用)

3-2.ジーシー GC ルシェロ P-10 歯ブラシ S やわらかめ

→歯周病の人におすすめ

極細毛を採用しており、ラウンド型にできているので、歯の隅々まで磨ける上に、柔らかいタッチで、歯を傷つける事なく磨けます。

ジーシー GC ルシェロ P-10 歯ブラシ S やわらかめ
出典:https://www.amazon.co.jp/

ジーシー GC ルシェロ P-10 歯ブラシ S やわらかめ
価格:375円(amazon引用)

3-3.ライカブル

→使いやすい歯ブラシを探してる方、ブラッシングが苦手な方におすすめです。

角度や動かし方にコツはいりません。磨きたいところにヘッドが自然と届くので、特に磨き方を意識しなくても、隅々まで磨けるでしょう。一度味わったらやめられなくなると言われている程、評判です。

ライカブル
出典:https://www.amazon.co.jp/

オーラルケア ライカブル歯ブラシ
価格:394円(amazon引用)

4. 一緒に使いたいデンタルグッズ

残念ながら、歯ブラシだけでは歯の汚れを落とし切る事はできません。さらにブラッシングの効果を上げるためにも、ブラシ+アルファが必要になります。その+アルファの補助用具たちをご紹介しましょう。

4-1. フッ素ジェル

歯磨きだけで完璧に虫歯予防する事はできません。そのため、補助的なアイテムとして虫歯対策に役立つデンタルグッズの一つ「フッ素ジェル」を使うのもおすすめです。

フッ素には虫歯菌が活発になるのを防止し、歯のエナメル質を強くしてくれる性質があります。通常の歯磨き粉よりもねっとりとして重みのあるフッ素ジェルを、歯に長い間留めておく事でさらに虫歯予防が期待できます。フッ素ジェルを毎日丁寧に使っていけば、虫歯菌の侵入を防いでくれる他、虫歯になりかけている場合もその進行を食い止める事ができます。

フッ素は有害成分の含まれていない天然のものなので、歯磨きが苦手なお子様でも安心して毎日使えます。

4-2.歯間ブラシ

歯ブラシで歯磨きした後に歯間ブラシを使うとさらに虫歯予防の効果がアップします。

歯と歯の間には食べカスやら歯垢やたらたまりやすいものです。食後につまようじを使って取り除く人も多いですが実はそれだけでは不完全です…。自分では除去したつもりの汚れが、歯と歯の間の細い隙間にはまだまだたまっている事はよくあります。目に見えない隙間だからこそ念入りにお掃除してあげないと、虫歯原因になってしまうだけでなく、歯茎や歯を劣化させる原因にもなります。

劣化すると歯が黄ばむばかりでなく、歯茎の色も生き生きとした赤色から色あせたようになり、口の中が老けた印象になってしまいます。口内年齢も若々しく保ってあげるためにも歯間ブラシを使ってお掃除してあげましょう。

実際、歯医者さんでもご自宅で歯間ブラシを使ってお手入れしているという方は多いです。歯ブラシやつまようじでは除去しきれないゴミも綺麗に取り除いてくれます。歯磨きの後に使うのは面倒でも、毎日使うようにすると歯や歯茎ががさらに健康的に生き生きしてきます。同じような役割のものにデンタルフロスもあります。ぜひデンタルケアのお供に使ってみてくださいね。

Floss Toothpick isolated on white

4-3. ワンタフトブラシ

歯垢を除去して、歯を綺麗に保ちたいという方には、デンタルグッズとしてワンタフトブラシがおすすめです。歯垢がたった2分で落ちると言われている評判のブラシです。

オーラルケアに欠かせないアイテムと言えば、ワンタフトブラシです。使うと効果が2倍になるでしょう。

日本では、3列ブラシで歯磨きするのが、歯周病予防に的強いていると考えられていますが、予防先進国として有名なスウェーデンでは、ワンタフトブラシと呼ばれるデンタルグッズが、歯磨きにおいて主流になっています。こちらのブラシは、変わった三角毛を持っているため、普通の歯ブラシでは届きにくい部分でも、磨き残しがないように、きちんとお掃除してくれます。口内環境を清潔に保つために、毎日使う価値のあるものです。

ワンタフトブラシを使うなら、磨き残しの多い部分を中心に使うのがおすすめです。歯並びが悪かったり、親知らずを抜く前など、口内の状態は、人それぞれなので、所要時間は2分間みておきましょう。

歯垢を徹底的に取り除きたいのであれば、最初にワンタフトブラシで2分間磨き、その後、通常の歯ブラシで歯磨きすると、より効率よく歯垢が取り除けます。

ワンタフトブラシ
出典:https://www.amazon.co.jp/

5.まとめ

歯ブラシの種類は、今やたくさんあり、バラエティに富んでいます。その中から、本当に自分だけに合った歯ブラシを探し出すのは、実際、難しい事です。また、歯ブラシは適していても、自分の磨き方が悪いと、最大限の効果を発揮する事はできなくなります。最適な歯ブラシを見つけて安心するのではなく、歯磨きの仕方にも気を配りましょうね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

しっかり歯磨きをしていても虫歯になってしまったら

しっかり歯磨きをしているつもりでも、自分でケアをしているとどうしても完璧には防げないものです。やっぱり歯のことは歯医者さんに任せるのが一番! ご自宅や職場から通いやすい歯医者さんを見つけて、虫歯にならないようにしっかり予防していきましょう。

歯医者さんを探す

歯やお口の悩みは
WEB予約で歯医者さんに相談

歯やお口に関するあらゆる悩み、治療に対する不安・・・
一度、歯医者さんに相談しましょう。そんなときにベンリなのが
歯科検索サイト
【EPARK歯科】です。

  • 全国「約58000件」の歯科医院を検索できる
  • ご自宅や職場の近くの医院を一覧で見れる
  • スマホ対応で、出張先や旅行中からでも予約がカンタン
  • 当日すぐに診てもらえる「今すぐ予約」も用意
関連記事
pixta_11207726_M

高齢者や障害者の歯の健康を守る!訪問歯科の現状とは

137 view
歯医者 料金

保存版!進行度別に虫歯の治療費を詳しくご紹介します!

240 view
pixta_14379389_M

突然襲ってくる歯痛の対処法と注意すべき点を詳しく解説!

240 view
pixta_22529513_M

気がついたら噛んでいる!歯ぎしりの治し方とセルフ対処法

258 view