コラム

突然襲ってくる歯痛の対処法と注意すべき点を詳しく解説!
  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る
pixta_14379389_M

皆さんは急に歯が痛み出した経験はありませんか?痛みで食事がとれなくなったり、仕事が手につかなくなったり、夜眠れなくなったりと突然襲ってくる非常に厄介な症状です。原因も分からないことが多くどう対処していいのか分からない人も多いのではないでしょうか。

今回こちらの記事では急に歯が痛くなった時に、「どの薬を飲めば痛みが引くのか?」「今すぐ痛みを抑える方法は?」など、どう対処すればいいのかを詳しく解説していきます。
また歯痛のときにしてはいけないことや、考えられる原因なども併せてご紹介していきます。

歯痛は放置していると虫歯を重症化させたり、口内だけでなく全身にまで影響を及ぼし死亡リスクの高い病気を引き起こすこともあるので注意が必要です。急に歯痛が襲ってきたときに慌てないようにこちらの記事を参考にしてください。

1.急な歯痛を止めるにはどうすればいい?

急に歯の痛みが襲ってきたとき、歯医者さんに行くことがベストな選択です。しかし仕事などで時間が無かったり、夜の遅い時間に突然来たりと予測も出来ないのでここでは応急処置をご紹介していきます。

1-1.市販の鎮痛薬を飲む

歯痛に一番効果的な対処法は鎮痛薬を飲むことです。市販されているので処方箋が無くても薬局などですぐ手に入れることができます。とくに「ロキソニンS」は歯医者さんで処方される痛み止めとほぼ同じ成分となっており歯痛に効果的です。手軽に使えて痛みに対して即効性もありますが一時的に痛みを抑える効果しかありませんので注意しましょう。

ロキソニンS

出典:http://store.shopping.yahoo.co.jp/

価格:¥645(yahoo!ショッピング引用)
商品名:ロキソニンS 12錠

1-2.患部を冷やす

患部が腫れて痛みが出ている場合は頬の上から冷たい水で濡らしたタオルや、氷嚢(ひょうのう)などで冷やしましょう。顎関節の炎症で痛みがある場合の歯痛にも有効です。また「冷えピタ」などの冷湿布も炎症が抑えられるので便利です。

冷えピタ 大人用 12枚+4

出典:https://www.amazon.co.jp/

価格:¥297(Amazon引用)
商品名:冷えピタ 大人用 12枚+4

1-3.口内を洗浄する

食べかすや磨き残しの歯垢が詰まりが歯痛を引き起こしている可能性もあるので食後であれば歯磨きをして洗口液で口内を洗浄しましょう。洗口液が無い場合は温めの水ですすぐだけでも効果があります。冷水だと沁みる可能性があるので注意しましょう。虫歯菌を繁殖させないためにも口内は常にアルカリ性に保つことが重要です。

コンクールF

出典:https://www.amazon.co.jp/

価格:¥918(Amazon引用)
商品名:コンクールF

1-4.正露丸を患部に詰める

どの家庭にも1つは常備してある正露丸も歯痛に効果的な薬です。ただし飲むのではなく痛みのある歯や腫れの出ている歯肉に直接塗り込みましょう。

正露丸に含まれるクレオソートという成分は歯の消毒や鎮痛薬として歯医者さんでも使用されているものなので歯痛にも有効です。

正露丸 100粒

出典:https://www.amazon.co.jp/

価格:¥668(Amazon引用)
商品名:正露丸 100粒

1-5.注意点:必ず歯医者さんで治療を受ける

上記の方法はあくまでも歯痛を一時的に抑えるだけの対処法ですので痛みが治まっている間に必ず歯医者さんで診察、治療を受け根本治療をするようにしましょう。

歯科衛生士に歯磨きの指導を受ける子供

2.歯痛の時にしてはいけない4つの事とは?

歯痛が起こっているときにしてはいけない注意すべきこともいくつかありますので解説していきます。守らないでいると悪化させ重症化することもあるので気をつけましょう。

not good

2-1.刺激のある飲食物を取らない

歯痛のときは熱い飲み物、辛い食べ物など極端に刺激のある飲食物は控えるようにしましょう。虫歯が原因で歯痛が起こっている場合、強く沁みる可能性があります。

また冷湿布などで頬を冷やすことは痛みを取るのに有効ですが、口内を直接冷たい飲み物や氷で冷やすのは沁みることがあるので止めましょう。

2-2.激しい運動、入浴は控える

激しい運動や、熱い風呂に入ることは血液循環を良くしてしまい神経を圧迫させ強い痛みが出たり、炎症が強くなる恐れがあるので控えるようにしましょう。

pixta_22091401_M

2-3.患部に触らない

歯に痛みが出ていると気になってその歯をいじってしまいがちですが触らないようにしましょう。汚れた手で触って雑菌が入ってしまったり、歯を押したり揺さぶったりして歯痛が悪化することもあるので安静にしておきましょう。

2-4.アルコールを取らない

歯痛のときにはアルコール類も厳禁です。アルコールで酔えば痛みを麻痺させられると考えがちですが歯にとって刺激が強すぎたり、運動や入浴同様、血流が良くなりすぎて逆に痛みが強くなってしまいます。同じくタバコも歯に刺激になるので控えるようにしましょう。

3.歯痛放置が引き起こす恐ろしい症状とは?

歯が痛くなった時だけ鎮痛薬などで誤魔化して歯医者さんでの治療を放置していると歯痛の原因となっている虫歯などが重症化する恐れがあります。

痛みが強くなりすぎて鎮痛薬では抑えきれなくなったり、口内だけの問題でなくなり全身に広がり死亡リスクのある重大な病気を引き起こすこともありますので注意が必要です。以下詳しく解説していきます。

ストレス

3-1.虫歯が神経をむしばみ激痛を伴う

痛みが出ている時点で歯の表面のエナメル質が虫歯菌によって破壊され、その下にある神経を守る象牙質に達していることが考えられます。その後も歯医者さんでの治療を受けないで放置していると、虫歯はどんどん歯を侵食していきます。

表面のエナメル質は非常に硬い組織でできているのでなかなか虫歯の浸食を許しませんが、その下の象牙質は軟らかい組織でできているので虫歯の進行スピードが一気に早まります。

やがて一番深い場所にある神経に達すると我慢できないような激しい痛み、高熱、吐き気など体にも症状が出てきます。この段階までになると神経を抜いたり、最悪抜歯など早急な治療が必要になってきます。

3-2.顎の骨に感染すると骨髄炎を引き起こす

虫歯がさらに進行すると神経まで侵食し尽くし、神経が壊死してしまいます。この時、神経が死んだため一時的に歯痛が引くことがありますが、治癒したわけではありません。

やがて虫歯菌は死んだ神経から伝わり顎の骨を侵食し始めます。その後、歯茎から化膿した膿が出たり出血するようになります。さらに虫歯が進行していくと顎の骨に虫歯菌が感染し骨髄炎を引き起こし高熱、嘔吐、全身倦怠の症状が続きます。

この状態になっても治療を行わないでいると顎の骨が壊死してしまう恐れもあります。治療には外科手術を行う必要があり、治療が遅れると骨の変形など後遺症が残ることもあります。

3-3.血液中に広がると心筋梗塞など死亡リスクの高い病気の可能性も

その後も治療を放置していると虫歯菌は骨髄から血中に入り全身に拡散されていきます。治療しないままだと常に虫歯菌に侵された血液が循環することになり、この状態が長期間続くと敗血症を発症し血液が腐敗し多臓器不全の原因になることもあります。

また虫歯菌が心臓に感染すると動脈硬化を起こし血管が硬くなり血液循環を悪化させます。やがては心筋が壊死してしまい心筋梗塞を引き起こし心臓を停止させ突然死の原因となります。

虫歯 死亡

4.まとめ

最後まで読んでいただきありがとうございます。今回の記事はいかがでしたでしょうか?
突然襲ってくる歯痛は厄介な症状ですが、素早く正しい処置をすれば痛みも最小限に抑えることができます。ただしここでご紹介した鎮痛薬や患部を冷やすといった処置はあくまで対処法です。

虫歯が進行していたり、顎関節が炎症を起こしていたりと原因は様々なので根本治療をするためにも必ず歯医者さんで診察、治療を受けるようにしましょう。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

歯やお口の悩みは
WEB予約で歯医者さんに相談

歯やお口に関するあらゆる悩み、治療に対する不安・・・
一度、歯医者さんに相談しましょう。そんなときにベンリなのが
歯科検索サイト
【EPARK歯科】です。

  • 全国「約58000件」の歯科医院を検索できる
  • ご自宅や職場の近くの医院を一覧で見れる
  • スマホ対応で、出張先や旅行中からでも予約がカンタン
  • 当日すぐに診てもらえる「今すぐ予約」も用意
関連記事
pixta_11207726_M

高齢者や障害者の歯の健康を守る!訪問歯科の現状とは

141 view
歯医者 料金

保存版!進行度別に虫歯の治療費を詳しくご紹介します!

246 view
pixta_14379389_M

突然襲ってくる歯痛の対処法と注意すべき点を詳しく解説!

244 view
pixta_22529513_M

気がついたら噛んでいる!歯ぎしりの治し方とセルフ対処法

263 view