コラム

予約なしで歯医者に行っていい?知っておきたい本当のところ

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

思いがけず歯が痛くなって、今すぐにでも歯医者さんに飛び込んで診て欲しい!という経験をお持ちの方もいらっしゃることでしょう。そんな時、たまたま予約をしてあれば良いですが、そのように都合の良い場合は少ないのが実際です。

予約なしで歯医者さんにかかりたい場合にはどうしたら良いのか、どのような心構えでいれば良いのか。そもそも、どうして歯医者さんは予約制のところが多いのか、予約をするとどのようなメリットがあるのか、そして予約方法についてもご紹介していきたいと思いますので、ぜひご参考になさって下さい。

1.予約なしで歯医者さんに行く場合

「どうにも歯が痛い、これ以上我慢できない!」という場合には、予約なしでも歯医者さんに診てもらうより他ありません。まずは電話をして、急な診察に応じてもらえるかどうかを確認をしましょう。

痛いからできるだけ早く診てもらいたいと気持ちがはやるのは分かりますが、行けば何とかなるだろうとアポなしで急に受付に姿を現してしまうことは避けるようにします。

歯医者さんでは、痛みやしびれなどの症状があって緊急の場合には、予約をしている患者さんの合間に対応してくれることが多いようです。

ただし、予約の患者さんが優先となりますので、事前の予約でない場合には、待ち時間が長くなることを覚悟しておいて下さい。その日の診察スケジュールによっては治療をしてくれる場合もありますが、基本的には応急処置に留まることが多くなります。

初めてかかる歯医者さん(ご自身が新患)の場合には、更に待ち時間が長くなる可能性が高くなります。例えば「奥歯が痛い」と訴える患者さんの症状がどういうものなのかを見極め、どういう治療をするのが良いのかを判断するために、レントゲン撮影などの検査をする必要があるからです。検査の準備や検査の時間が加わることになりますので、どうしても待つ時間も長くなってしまいます。

つまり、歯医者さんには治療のための準備が必要ということです。急にやって来た患者さんの治療を行うには、事前の準備がない状態に加えて予約の患者さんの対応をする中で、慌ただしく検査などから症状を見極め、治療計画を立てるということをすることになるのです。歯医者さんにも都合があるのだということをわきまえておく必要があるでしょう。

2.歯医者さんが予約制となっている理由

歯医者さんが予約制となっているのには、そうする理由があるからです。では、その理由がどのようなものなのかを見ていきましょう。

2-1 患者さんにより治療内容や時間が異なる

歯医者さんを訪れる患者さんの症状は千差万別です。虫歯の人もいれば、歯周病や歯肉炎の治療、差し歯やかぶせ物をしたいという人もいるでしょうし、親知らずが痛んで仕方がないという人、予防のため定期的なチェックに来ている人もいるでしょう。検査や治療、施術にかかる時間は人それぞれです。

内科や小児科など他の診療科と違って、歯医者さんでは患者さん1人当たりに要する時間が長い傾向があります。問診や検査に始まり、どのような治療を行うのか、治療にかかる時間や費用の説明、実際の治療、治療の間の口すすぎなど、実に様々なことをひとりひとりの患者さんに対して毎回行っているのです。

2-2 予約するメリット

これまで予約をしない場合について見てきましたが、では、予約をするとどうなのでしょう。予約をしてもしなくても全く同じであれば、誰しもしなくていい方を選びたくなるでしょう。では、予約をしておくことには、一体どのようなメリットがあるのでしょうか。

・待ち時間

患者さんにとっての最大のメリットは、待ち時間が短くなることです。歯医者さんが予約制にしている理由のひとつは、患者さんの待ち時間を最短にするためです。予約をしているにもかかわらず長々と待たされるのは嫌ですが、約束の時間に行ったらすぐに通してもらえると、気持ち良く診察を受けることができますね。

歯医者さんは、患者さんひとりひとりの症状に合わせて、その方にどのような治療を行うか、どういったスケジュールで行うかという治療計画を立てています。何か症状や希望があって歯医者さんに行く場合、一度で終わるのではなく、何度か通って終わりになるという経験をされている方が多いと思います。

また、歯医者さんは24時間営業しているわけではありません。歯医者さんも人間ですから休息が必要で、1日に診察できる時間はおおむね8時間前後となります。

・スムーズな診療

どの患者さんにどのような治療を行うか、そしてどれくらいの時間がかかることを見込んでいるかなど、治療時間の管理をしています。この患者さんにはこの治療だから、これ位時間がかかって…という計算をし、1日の治療時間を配分しているのです。

従って、予約をしておけば、このようなことを意識することもなく、歯医者さんが準備万端で必要なことを進めてくれることになります。

2-3 予約方法

具体的には、どのように予約をすれば良いのでしょうか。現在診察を受けている方は受付で次回の予約を取ることになりますが、そうでない方やお久しぶりの方は電話で予約をします。

電話が苦手、もしくは営業時間内に電話するのが難しいという方には、Webサイト上からで予約をするという方法もあります。各院のホームページやまとめサイトなど、Web予約を受け付けているところであれば、いつでも自分の都合の良いタイミングで予約を取ることができるので便利です。

3.まとめ

予約をしていなくても、症状により歯医者さんは診てくれることがあります。その場合、歯医者さんの診察スケジュールにより、お断わりされる可能性や、受け入れてもらえたとしても長い時間待たなければならないこともあります。歯医者さんには歯医者さんの診察準備や時間管理があり、そこに飛び込みで入れてもらうことになるからです。

誰だって好きで歯が痛くなるわけではありません。ですので、基本的には急な症状が出ることのないように定期的に歯医者さんに通うこと、そして、仮に何か異常があったとしても早い段階で見つけられるようにしておくことをお勧めします。

今は電話だけでなくWebサイト上から予約することができる歯医者さんが増えていますので、ご自身のご都合に合う方法で予約を取るようにして下さい。診察を受けるなら、待ち時間が少なく、テキパキと作業を進めてもらえる方がいいですね。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • LINEで送る

監修医 高村剛先生

高村歯科医院


院長:高村 剛


住所:東京都港区虎ノ門5丁目11-12 虎ノ門ACTビル2階



高村 剛先生

歯やお口の悩みは
WEB予約で歯医者さんに相談

歯やお口に関するあらゆる悩み、治療に対する不安・・・
一度、歯医者さんに相談しましょう。そんなときにベンリなのが
歯科検索サイト
【EPARK歯科】です。

  • 全国「約58000件」の歯科医院を検索できる
  • ご自宅や職場の近くの医院を一覧で見れる
  • スマホ対応で、出張先や旅行中からでも予約がカンタン
  • 当日すぐに診てもらえる「今すぐ予約」も用意
関連記事

高齢者や障害者の歯の健康を守る!訪問歯科の現状とは

527 view

保存版!進行度別に虫歯の治療費を詳しくご紹介します!

958 view

突然襲ってくる歯痛の対処法と注意すべき点を詳しく解説!

1656 view

気がついたら噛んでいる!歯ぎしりの治し方とセルフ対処法

3534 view