虫歯で死亡するケースはあるのか?虫歯の悪化が招く重大な疾病リスク

    虫歯で死亡するケースはあるのか?虫歯の悪化が招く重大な疾病リスク

    虫歯治療を放置したり、途中で放棄してしまったことはありませんか?

    まだ完全に治療が終わってないのに痛みが無くなると歯医者さんまで行くのが億劫でつい面倒になって通院を止めてしまったり、市販の痛み止めで我慢してしまうことってありますよね。

    ですが虫歯の治療を放置していると重症化し、やがては大きな病気を引き起こすこともあるって知っていましたか?虫歯が悪化すると虫歯菌が口内から広がって行き全身を蝕み始め、心筋梗塞や敗血症など死亡リスクの高い重篤な病気に繋がっていきます。

    今回こちらの記事では虫歯が重症化することで引き起こす死亡リスクのある病気を詳しく解説していきます。また虫歯が悪化していく流れを段階別に紹介し、悪化しているときに出る症状もご紹介しますので気になることがある場合、自分の症状と照らし合わせてみてください。さらに虫歯を重症化させないための口内ケア用品や歯医者さんで受けることができるクリーニングなどもご紹介していきますので参考にしてください。

    虫歯が悪化すると重症化して歯だけでなく全身に広がって行き、死亡することもある重大な病気を引き起こす恐れがあります。ここではそれぞれの病気を詳しく解説していきます。

    この記事の目次

    1.虫歯放置で引き起こす死亡のリスクもある重大な病気

    1-1.骨髄炎

    虫歯が進行し神経が死んでしまうと虫歯菌は顎の骨を蝕み始めます。やがて炎症を起こし歯茎や歯肉から出血や化膿した膿が出るようになります。さらに虫歯が進行すると顎の骨髄に虫歯菌が感染して骨髄炎を引き起こします。

    高熱や嘔吐、全身倦怠の症状が続き、治療が遅れ骨が壊死してしまうとそれらを取り除く外科手術を行う場合があり、骨の変形など後遺症が残ることもあります。

    1-2.敗血症

    骨髄炎が進行すると虫歯菌が全身に運ばれて行きます。通常、免疫機能が正常であれば菌に負けることは無く大事には至りません。

    しかし虫歯が原因の場合、治療を行わないでいると常に虫歯菌が血流に乗って全身を巡り続けることになります。この状態が長期間続くと血液が腐敗する敗血症を発症し多臓器不全を引き起こし死亡することがあります。

    実際に起こった症例として2011年、アメリカの24歳の男性が親知らずの虫歯が原因で多臓器不全を起こし死亡、2013年にはイタリアのシチリア島に住む18歳の女性が虫歯を治療せず放置していたことが原因の敗血症で亡くなっています。

    1-3.心筋梗塞

    死んだ神経をそのままにしていると虫歯菌は血液中に入り込み全身へ巡っていきます。

    虫歯菌が心臓に入ると血管を硬くさせる動脈硬化を進行させます。やがて血流が悪くなる狭心症となり、さらに症状が進行すると心筋組織が壊死し心筋梗塞を引き起こします。心臓の激しい痛みや心臓の停止が起こり突然死の原因となります。

    1-4.肺炎

    虫歯が原因で肺炎を引き起こすことがあります。これは誤嚥性肺炎(ごえんせいはいえん)と呼ばれ、睡眠中などに口内の虫歯菌が気管から肺に侵入し肺炎を起こします。

    主に免疫力の低下した高齢者に起こりやすい肺炎で、高熱、激しい咳、呼吸困難などの症状があり衰弱して死亡するケースも多くあります。

    2.虫歯が悪化していく流れ

    こちらで虫歯の治療を放置しているとどのように重症化していくのかを段階を追って解説していきます。

    以下ご紹介していく症状がある場合は、虫歯が進行している可能性がありますのですぐに歯医者さんの診察を受けましょう。

    2-1.歯が沁みる

    初期の虫歯は大きな自覚症状が無く見落としがちです。冷たいものなどで歯が沁みるようになったり、歯茎に違和感を感じることがあれば念のため歯医者さんで診察を受けましょう。

    基本的に毎日の歯磨きや口内ケア、定期的な歯科検診を受けていれば虫歯を見落とすことはありません。

    2-2.歯に痛みを感じる

    初期の虫歯を見落とし、放置していると虫歯は歯を侵食し始めます。この時点で初めて痛みの自覚症状が出てきます。また虫歯で口臭が強くなるのもサインです。

    2-3.虫歯が進行し神経に達する

    歯の浸食が深くまで進み、やがて神経に達します。この段階では強い痛みを伴うようになり、神経を抜いたり、抜歯など早急な治療が必要になります。

    2-4.激痛、高熱を伴うようになる

    さらに虫歯を放置していると我慢できないほど激痛の他に、高熱、関節痛、吐き気など歯以外の部分にも症状が出てきます。

    口内では虫歯の周りの歯肉が化膿し膿が溜まったり出血することもあり、この段階になると歯磨きや洗口剤を使っても消せないぐらい口臭がきつくなります。

    2-5.虫歯菌が全身に広がり死亡リスクのある重大な病気を引き起こす

    この状態になっても虫歯の治療をしないで放置していると一時的に痛みが収まることがあります。これは虫歯が治ったわけではなく虫歯菌が神経深くまで侵食し神経が壊死したことによる症状です。

    そして虫歯菌は歯の根の周りに広がり始め、顎の骨に感染して骨髄炎を引き起こし骨髄から血中に入り全身に運ばれ心筋梗塞や敗血症など死亡リスクの高い重篤な病気の原因となります。

    3.虫歯が悪化して重症化するのを防ぐには?

    虫歯が自然治癒することはありません。少しでも痛みや不調を感じたときにはすぐに歯医者さんで治療を受ける必要があります。その後、虫歯の発生を防ぐ口内ケアについて解説していきます。

    3-1.毎日のケアで健全な口内環境をキープする

    虫歯自体を発生させないためにも毎日の歯磨きや口内ケアを習慣にして虫歯の出来ない健全な口内環境を作ることが必須です。

    最近は電動歯ブラシ、フロス、フッ素入り歯磨き粉など便利で効果的な歯科用品も多くあるので積極的に利用しましょう。

    3-2.定期的に歯科検診を受ける

    自分での口内ケアにプラスして定期的に歯医者さんで検診を受けることも重要です。虫歯のチェックの他にブラッシング指導、クリーニングなども受けることができるのでより清潔で健全な口内環境がキープできます。

    ◆PMTC(歯科クリーニング)
    PMTC(プロフェッショナルメカニカルトゥ―スクリーニング)は歯医者さんが専門機器を用いて口内を清掃してくれる治療です。普段の歯磨きでは落ちきらない歯垢も取り除くことができるので虫歯予防に効果的です。

    費用:自費診療でおよそ¥5,000前後
    ※歯医者さんによって金額は異なります。

    4.まとめ

    虫歯は口内の問題だけでなく重症化すれば全身の不調に繋がり重大な病気を引き起こし、最悪の場合死亡することもあります。それを防ぐためには毎日の歯磨きで口内環境を清潔に保ち、歯医者さんで定期的に虫歯が無いかチェックする習慣が必要です。

    もし虫歯ができた場合も仕事や学校などが忙しいからと言って治療せずに放置することはやめましょう。

    こちらの記事を読んで当てはまる症状がある場合はすぐに歯医者さんで診察を受け虫歯を治療し、毎日のケアで虫歯のできない健全な口内環境を作りましょう。

    不正確な情報を報告

    不正確な情報を報告

    修正箇所
    メールアドレス
    ※メールアドレスをご入力いただいた方には、改善結果をご報告致します。
    コメント(オプション)

    貴重なご意見をありがとうございます
    歯科+はよりお役にたつ情報をお伝えできるよう、ご意見を参考にサイトの改善を行って参ります。 今後ともどうぞよろしくお願いいたします。
    送信エラー
    大変お手数ですが、ページを更新いただき、再度ご意見をご送信ください。
    更新後も再び送信エラーが発生する場合は、 お問い合わせページ からご連絡いただけますと幸いです。

    監修医 貝塚浩二先生

    監修医 貝塚浩二先生

    コージ歯科

    院長:貝塚 浩二

    住所:東京都葛飾区お花茶屋2-5-16
    貝塚 浩二先生